出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本菊地正弘『初鞴』(はつふいご)
書籍詳細

菊地正弘『初鞴』(はつふいご)[9784781410517]

販売価格: 2,700円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集
青葉闇現在に繋がる村八分

私がよく口にする故鈴木六林男のことば「憂鬱な時代には憂鬱を、不安な時代には不安を書かない作家は信用できない」。
句集『初鞴』に本当の意味での言葉を得ることができたのは最たる至福といえる。時代の社会的事象を俳句にする力は、著者の勇気と知性、その見識の高さである。
(序より・鈴木明)

◆自選十句
烏瓜男点前の黒茶碗
ハーレーの肚撲つ響男梅雨
膝上の骨壺ぬくし秋の雨
啓蟄やみなそれぞれの死の歩幅
時雨るや蕎麦街道の昼の酒
もう一歩踏み出しかねつ蛍沢
山百合の花重りして日傾ぐ
コンサート果てて余寒の街明り
昼顔の牛舎 牛みな殺処分
躁のまま夜の新樹となりにけり



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[きくちまさひろ(1944〜)「野の会」無鑑査同人]
序:鈴木明
装丁:君嶋真理子
四六判ハードカバー装
164頁
2018/5/6刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス