出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本鈴木節子句集『夏のゆくへ』(なつのゆくえ)【新装版】
書籍詳細

鈴木節子句集『夏のゆくへ』(なつのゆくえ)【新装版】[9784781410333]

販売価格: 2,200円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集『夏のゆくへ』(1982年刊)を復刻新装版として刊行
節子さんは開放的な人なので、心の中の喜怒哀楽、身辺の出来ごとなどすべてそのまま吐き出して決して粉飾したりしない。それでいながら境涯俳句のようにじめじめしないのは心の奥がからりとしているからであろう。
(序より・能村登四郎)

◆収録作品より
薪束の胴締め寒のにはかなり
立ちくらみしてシクラメン濃さを増す
たんぽぽの絮の一つが部屋に棲む
蛙鳴く田を知つてゐる子の熟睡
寒潮に沿ひ一本の道乾く
物書けとみどりの届く一机あり
いんいんと野を焼く背中ばかり見せ
氷店間口のかぎり海抱いて
正座して大きさ加ふ冬の父
受験子の飲食の影大いなる



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[すずきせつこ(1932〜)「門」主宰]
序:能村登四郎
跋:林翔
装丁:君嶋真理子
四六判変型ソフトカバー装
144頁
2018/4/15刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス