出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■新装版ふらんす堂文庫■
1,500円(税抜)


高濱虚子句集
『遠山』



富安風生句集
『愛は一如』


ホーム句集 > 単行本すゞき素宇『無何有』(むかう)
書籍詳細

すゞき素宇『無何有』(むかう)[9784781410265]

販売価格: 3,000円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集
囀や待合室はサロン・ド・老

この人の〝作風〟を一言で言えば〝自然詠〟というよりは人事を通しての〝人生詠〟であろうか。「医術は仁術也」というように単に患部を改善、治すということだけでなく、人々に喜びと希望を与えてきた人だけに、人間の心理を読む洞察力の深さを感じる句が多い。そして特筆すべきは、ウィットを兼ね備えていることだ。
(序文より・中原道夫)


◆自選十五句より
立春や卵を立ててみせるぢぢ
朧月春画の趾はみな屈る
余生には琴棋書画ある日永かな
老い晒すことの序でや更衣
蒙古斑夏の海へと溶けにけり
かはほりの数殖えてきて母の声
酔芙蓉しぼまぬ内の老い支度
薪能闇を支へる蛙股
能果ててちちろと席を入れかはる
こんなにも尽したはずの秋扇



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[すずきすう(1939〜)「銀化」同人]
序:中原道夫
跋:大月光勲
装丁:中原道夫
菊判変型ハードカバー装
228頁
2018/2/20刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス