出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム百句シリーズ > 名人百句シリーズ茨木和生著『右城暮石の百句』(うしろぼせきのひゃっく)
書籍詳細

茨木和生著『右城暮石の百句』(うしろぼせきのひゃっく)[9784781410197]

販売価格: 1,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆妻の遺品ならざるはなし春星も  『虻峠』(昭和五十三年作)


 先生が平らな地に家を建てて転居されたのは前年の早春である。そして半年も経ないで奥様が癌だと分かり、入院手術された。奥様は「運河のために句会は休まないでね」といい続けられた。「風花や失語の妻の眼が宙に」という暮石の句があるが、こんな状態の妻を病室に置いて句会に出られた。書家だった房子夫人の書き残した紙は堆かった。「すこしづつ焚火に入れて遺品焼く」という句があるが、焚火をしながら仰いだ空に出ていた春星も暮石には妻の遺品だと思われたに違いない。



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[うしろぼせき(1899-1995)]
[いばらきかずお(1948〜)「運河」主宰]
装丁:和兎
四六判変形ソフトカバー装
220頁
2017/11/10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス