出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本白石正人句集『嘱』(しょく)
書籍詳細

白石正人句集『嘱』(しょく)[9784781409979]

販売価格: 2,400円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集
梟の鳴いてより開く酒場かな

なにものにも縛られることのない自由人である。
(序より・石田郷子)

◆自選十五句より
明易やコンビニまでの女下駄
月光を浴びたくなれば寝返れり
蜩や日のあるうちに終るバス
約束はいつか果たせる揚雲雀
保険屋に貰ふ花種昼休
残心や噴水の鎮まりてより
少年の水鉄砲の的決まる
眼鏡拭く束の間虫の闇となる
中空に風の眼や秋燕
古本のアデンアラビア燕来る



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[しらいしまさと(1951〜)「椋」会員]
序句:大木あまり
序文:石田郷子
栞:高柳克弘
装丁:和兎
四六判ソフトカバー装クータ・バインディング
2017/9/19刊行
202頁
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス