出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本後藤立夫遺句集『祇園囃子』(ぎおんはやし)
書籍詳細

後藤立夫遺句集『祇園囃子』(ぎおんはやし)[9784781409474]

販売価格: 2,800円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆遺句集
祭りが好きだった父は、平成二十八年六月二十六日

ころはよし祇園囃子に誘はれて  立夫

という辞世の句を残し「もうすぐ死ぬから」と言って天国へ旅立って行きました。諷詠現役主宰のまま、沢山の人から惜しまれながらの旅立ちでした。父として師として心から尊敬しております
(諷詠主宰・和田華凜)

◆和田華凜抄出
日向ぼこして自画像のやうになる
黄の記憶また新しくミモザ咲き
まなむすめとはすゑむすめ底紅忌
はや姿整ひをりし朝の鶴
顔見世のはねて夜だけ残りたる
蛍の後姿となりて消ゆ
鳥雲に近江八景置き去りに
花下を行く花嫁舟は上り舟
かまくらにありたる隣近所かな
蟻といふ元気なものを見てゐたる



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[ごとうたつお(1943〜2015)]
序句:後藤比奈夫
あとがきに代えて:和田華凜
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
246頁
2017/5/10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス