出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本阿部菁女句集『素足』(すあし)
書籍詳細

阿部菁女句集『素足』(すあし)[9784781409511]

販売価格: 2,700円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一句集
鍋釜につらなるわれや雁帰る

石垣りんの「私の前にある鍋とお釜と燃える火と」の詩を想起するのは私だけでないだろう。無名の女性の一人として、しかし、同時に今を生きる人間の一人として世界を見つめ生き方を考えていこうとの意志が籠められている。
(序より・高野ムツオ)


◆自選十五句より
穴出でし蜥蜴に朝の広田湾
ヒコロとは白繭のこと山笑ふ
種物屋ありしあたりの水溜り
引鴨のいちばんあとを知子仏
苗市の真中に磯の荷をほどく
手向けある白詰草の髪飾り
燕来る津波の泥を嘴に
青饅の放つ酢の香や地震のあと
慟哭や津波跡地のランドセル
火のごとく椿が咲いて激震地



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[あべせいじょ(1939〜)「小熊座」同人]
序:高野ムツオ
装丁:君嶋真理子
四六判ハードカバー装
258頁
2017/3/7刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス