出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本中原道夫句集『一夜劇』(いちやげき)
書籍詳細

中原道夫句集『一夜劇』(いちやげき)[9784781409146]

販売価格: 3,500円 (税別)
[在庫あり]
数量:
サイン本がございます!先着順になりますのでお早めにどうぞ!
ご希望の方は備考に「サイン本」の旨ご記入くださいませ。



◆第十二句集
血を血で洗ふ絨毯の吸へる血は

日頃から日常から非常への切り替へである「旅」をこよなく愛して来たが、今回の「旅」は、非常の中へ、更に経験したことのない〝テロ〟といふ非日常が加はり、凡そ現実味のない絵空事、仕組まれた〝劇中劇〟の中にゐるやうな興奮を味はつた。主謀者の潜んでゐた〝隠れ家〟から然程離れてゐない所に私の宿はあり、その距離から当然緊張は強ひられた。しかし同時に妙に弛緩した〝空気〟が漂つてゐたのは慥か。そんな事態の中でも界隈のり場ではイスラム系の犯人と同じ人種の人達が店を開け、客を入れ何事もなかつたやうに営業してゐる。本当に〝テロ〟はあつたのだらうかと思ふやうな日常の風景。彼等にとつて多数派のイスラム教徒としての誇りはあり、埒外の、しかし予測出来うる「一夜劇」だつたのではないか。
(あとがきより)

◆自選十二句より
片付かぬ歳尾の見ゆる歳首より
ひたすらにも飽き何處ゆく風二月
桃の汁肘にて思案して止まる
鬼胡桃鬼の棲むには手狹なる
蟻喰の舌を登れる蟻二三
蠅帳の中より匂ふ一夜劇
うろこ雲是非また寄れといふ別れ
かまどうま髭ある障りなく跳べる
ひづめやはらか春萌に私淑して
目を細め春が見えるといふ盲目



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon




※ホームページでは、文字表示制限により一部常用漢字を使用しています。



*

[なかはらみちお(1951〜)「銀化」主宰]
装丁:間村俊一
菊判変型ハードカバー装
276頁
2016/10/25刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス