出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本鈴木明句集『甕』(かめ)
書籍詳細

鈴木明句集『甕』(かめ)[9784781408989]

販売価格: 3,500円 (税別)
[在庫わずか]
数量:
◆第五句集
白つめくさ野に入り魂拾う人

鈴木明は老年の感懐と過去への追憶とにとどまってはいない。年ごとに回帰する自然の生命力に改めて讃嘆を送り、現在の若い世代にかつて自分たちを襲った同じ苦難が襲うかもしれないことを真剣に憂えている。それこそが鈴木明の「六十年後の春」、いや、七十年後の春なのだろう。
(跋より・高橋睦郎)


◆収録作品より
赤いくつした履いたまま寝る冬の金魚
俺おれおれと広がる俺や穴惑い
雀が消えた佐保姫がたべたのよ
光は春へ縄文十一人骨出土
少年に鏡の形見雁渡し
蜥蜴は刹那跳弾となり穴を出る
振り返るイグアナと僕薔薇同盟
大人が読む子どもの絵本明易し
しぐれて二人月面にいるようじゃないか
猫町のあかの他人と妻夕映え



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



*

[すずきあきら(1935〜)「野の会」主宰]
跋:高橋睦郎
栞:筑紫磐井・高山れおな・的野雄
装丁:和兎
四六判ドイツ装函入
230頁
2016/09/28刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス