出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本宇野恭子句集『樹の花』(きのはな)
書籍詳細

宇野恭子句集『樹の花』(きのはな)[9784781408873]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆第一句集
西山のひとしく昏れて手毬唄

吟行によって鍛えられた眼と、生来の瑞々しい感性、そして知性がもたらす寡黙で抑制された表現。恭子俳句の真髄は、俳句という祈りの言葉によって、対象と心を通わすことにある。その無欲で純粋な姿勢が、透明感のある作品を生み出すのである。
(序より・井上弘美)


◆自選十二句より
寒林にわれも一樹と思ふまで
頰杖に雲ちぎれゆく漱石忌
蹠なき紙の雛を起こしけり
月涼し風船かづらふやしては
秋楡にまつすぐな空休暇果つ
螢狩息を川瀬へ沈めたる
柿一顆雨の底ひの去来塚
春分の波光の攫ふ鷗かな
海霧ひくや群れとぶものを放ちつつ
六波羅のわけても雨の桔梗かな

*

[うのきょうこ(1958〜)「汀」同人]
序:井上弘美
装丁:和兎
四六判並製カバー装
218頁
2016/7/4刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス