出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本山本三樹夫句集『手を繋ぐ』(てをつなぐ)
書籍詳細

山本三樹夫句集『手を繋ぐ』(てをつなぐ)[9784781408071]

販売価格: 2,600円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆「百鳥」同人
子と犬を清明の野に放ちけり
拙い句群ではあるが、自分の自分なりに生きてきた証の一部である。一句一句に思い出があり、その時々の気持ちの表れがある。特に、辛く悲しく苦しい時期の心の支えのひとつに俳句があったことは否定できない。
加齢にともない、感性などは若い時に比べれば鈍くなっていることは事実だが、今後も精一杯句作を続け、生涯の一句を成したいという気持は消えていない。
(あとがきより)

◆自選十二句より
花火打つたびに岬が走りけり
石据ゑて庭引き緊まる白露かな
寒牡丹静かに言葉燃えはじむ
雲の峯しんかんと妻のもの干され
寒林を来し青年が献血す
鯉幟太平洋へ出でんとす
大き蜘蛛鰯雲より垂れ下がり
細波は海の心音桜貝
夏蝶の影荒く軒離れけり
雲の影花野へ出でて加速せり

*

[やまもとみきお(1938〜)「百鳥」同人]
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
220頁
2015/11/08刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス