出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム歌集 > 単行本川崎綾子歌集『ガレの耳』(がれのみみ)
書籍詳細

川崎綾子歌集『ガレの耳』(がれのみみ)[9784781406688]

販売価格: 2,700円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆第一歌集
跳ばむとす私がわたしであるために最初の一歩は思いきり遠くへ

「最初の一歩は思いきり遠くへ」この意気込み、自負は、出版にあたって自らへの覚悟を表明するものであろう。このように背すじを伸ばして詠む著者を、私は頼もしく心より祝福するものである。
(序より・神谷佳子)

◆自選十首
「事の聞え」という言の葉のさやさやとなべてを濡らしさくら雨ふる
春まだき雨水薄墨うすうすと記憶の底にしまわれている
魂護る神とう白虎に眉あると見えてなごめるキトラの古墳
青龍から白虎からたつ風のおと地の底の韻たしかに聞きぬ
春はもう「風の森峠」こえたらむ蒲公英いちりん足許に見付く
数珠繰りの輪の内側へうちがわへと呪術めきゆく念仏のこえ
無音なる時間の河が渡れずに天津甘栗ぱちんと割りぬ
くじ箱に総紐くるりと掛け終えて男の子は唇の真一文字解く
ひと夜茸ひと夜のびゆく物語ほのと灯してガレの耳澄む
緯糸に寡黙な冬を縦糸にかぜ織られいむ上田紬は

*

[かわさきあやこ]
序:神谷佳子
装丁:和兎
A5判フランス装カバー掛
238頁
2014.04.26刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス