出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本青山茂根句集『BABYLON』(ばびろん)
書籍詳細

青山茂根句集『BABYLON』(ばびろん)[9784781403878]

販売価格: 2,381円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆第一句集
バビロンへ行かう風信子咲いたなら
 「言わなくても解ってる」と、作者からまた制止されそうである。最後の最後に置いた句が総てを語っているではないか。
風信子(ヒヤシンス)が咲こうとて、到底辿り着けない楽園(俳句の暗喩でもあるのだが)?安息国?は彼の地理学者ヘディン(Sven A.Hedin 1865 〜 1952)の見たロブ・ノール(鹹湖)の様にじっとしてはいないようだ。何を好んで、と言われそうである。不確かな手掛りを頼りに茫?たる沙漠を行くことになるのだろう。
 青山茂根の?旅?は今始まったばかりである。
(序より:中原道夫)

◆収録作品より
ひよめきの閉ぢて梟帰れざる
羽ひらく孔雀のごとき湯ざめかな
蹴爪にて露の深さをはかるべし
生まれえぬ子を霙子と呼びたまふ
いつせいに星を廻せる鯨かな
冷蔵庫よりも長生きしたる猫
迷ひはじめを秋蝶の色といふ
流れつく者にトマトを差し出しぬ
最果ての地にも蒲団の干されけり
冠とするならうぐひすを幾羽

*

[あおやまもね(1966〜)「銀化」同人]
序・装釘:中原道夫
栞:櫂未知子
A5判変形上製カバー装
204頁
2011.08.22刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス