出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム評論・エッセイ・小説 > 評論平石和美著『畳ひかりて 飯島晴子の風景』(たたみひかりて いいじまはるこのふうけい)
書籍詳細

平石和美著『畳ひかりて 飯島晴子の風景』(たたみひかりて いいじまはるこのふうけい)[9784781403830]

販売価格: 2,667円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆飯島晴子評
一月の畳ひかりて鯉衰ふ
一月の畳はひかります。しかし青々とした畳ではありません。旧家の奥に冷たくひかる畳です。一月には年のあらたまった淑気と、その故に滅び行くものという影の一面もあります。滅びゆくものへの哀れさを晴子は衰えと捉えたのでしょう。
(帯より)

◆あとがきより
「飯島晴子の風景」を通して私は、その美意識に憑かれたように動きました。晴子は「吟行は結局自分の内部の景色の幾らか」だと言います。私は「飯島晴子の風景」で晴子が通ったと思われる後を辿ることで自分の内部の景色を覗き、その内の一部は晴子の美意識と重なっていたことを強く思いました。

*

[ひらいしかずみ「幡」同人]
装画:戸田勝久
装幀・本文レイアウト:中島恵雄
四六判並製カバー装
238頁
2011.08.10刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス