出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本山口昭男句集『讀本』(とくほん)
書籍詳細

山口昭男句集『讀本』(とくほん)[9784781403519]

販売価格: 2,190円 (税別)
[【在庫切れ】]
<みづいろの窓>藤田哲史書評―『讀本』評

関悦史さん「閑中俳句日記(別館)」にて讀本が取り上げられています。


◆第二句集
じやがいもの咲いて讀本文字大き
讀本という言葉が生きています。これが教科書ではつまらない。作者は職業がら、戦前の讀本を見る機会もあるのでしょう。明治から終戦まで、時代により国定教科書も変遷しました。いちばんはじめに習った言葉で生まれた時期がわかるとも言います。
(栞より:田中裕明)

◆自選十句
七種やひたすら青き山の裾
小刻みに氷柱雫の揺れてをり
子規の忌の丈より長き枕かな
水面の雨粒まろし生身魂
くるぶしのひやつと昼の木槿かな
いきいきと母老いてゆく旱かな
裕明の忌や切株に坐りゐる
接待や蕾の青き畑の菊
こんなにも秋の螢の明るくて
初蝶のニクロム線の匂ひかな

*

[やまぐちあきお(1955〜)]
栞:田中裕明
装丁:和兎
四六判並製カバー装
194頁
2011.06.02刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス