出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 私家版砥田隆次句集『因達の里(二)』(いだてのさと2)
書籍詳細

砥田隆次句集『因達の里(二)』(いだてのさと2)[私家版]

販売価格はお問い合わせください。
[【在庫切れ】]
◆第二句集
句集『因達の里』を出して十三年になる。第二句集を出そうと思いながら月日が経った。日記に句を書きだした昭和六十二年より平成二十一年までの二十三年間のものを一年に十句ずつ並べた。
(あとがきより)

◆収録作品より
青畳香をかぎおればちちろ鳴く
飼い犬の野ら寝する夜の昴かな
廃屋の煙突高し白紅梅
饅頭の底なるままに冬の蟻
上着には机のよごれ残暑かな
朝刊にとんぼの羽音残りけり
一斉に梅雨明け迫るペンの音
花の種文化の日だと千袋
渋柿を宙にもぎたる竿の先
花々の唇見るやゲートかな

*

[とだたかつぐ(1939〜)]
装丁:君嶋真理子
四六判ペーパーバック
122頁
2011.03.18刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス