出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム精鋭俳句叢書 > lune(月シリーズ)彌榮浩樹句集『鶏』(にわとり)
書籍詳細

彌榮浩樹句集『鶏』(にわとり)[9784781402680]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
[在庫僅か]と表示される商品はお手数ですが、在庫をお問合せいただきご購入下さい。「在庫あり」と表示されていても品切れの場合がございます。


◆週刊俳句 Haiku Weeklyに上田信治さんが句集評を書かれています。
【句集を読む】
最もドライかつウェット 


関悦史さんのブログ「閑中俳句日記l日記にて書評が掲載されています!

◆第一句集
鶴帰る滋賀銀行の灯りけり
彌榮の作品は彼が思っている以上に、読者を驚かす。
慥かに私なども句意を通す作業より、言葉と言葉の予期せぬ出会い、反応の方に荷担する魅力を感じている。
(序より:中原道夫)

◆自選十五句より
よく糊のききたる空や梅の花
鶯の声なり左曲がりなり
昼過ぎに着く草もみぢ蔦もみぢ
大阪に来て水鳥の貌ならぶ
べた凪の毛布に音もなく潜る
秋口の犬??(ばうばう)と洗ふなり
五条から歩いて雨の唐辛子
鼻かめば篳篥の音鷹渡る
雪の日の薤(らつきよう)ひかるカレーかな
淡雪に床映りよき拳士たち

*

[みえこうき(1965〜)「銀化」同人]
序:中原道夫
栞:竹中 宏
装丁:君嶋真理子
四六判並製カバー装グラシン巻
174頁
20100917刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス