出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■新装版ふらんす堂文庫■
1,500円(税抜)


高濱虚子句集
『遠山』



富安風生句集
『愛は一如』


ホーム句集 > 単行本小林苑を句集『点る』(ともる)
書籍詳細

小林苑を句集『点る』(ともる)[9784781402512]

販売価格: 1,200円 (税別)
[【在庫切れ】]
[在庫僅か]と表示される商品はお手数ですが、在庫をお問合せいただきご購入下さい。「在庫あり」と表示されていても品切れの場合がございます。


◆第一句集
こころ惹かれて色鳥の名を知らず
あらかじめ失われていた自然、あるいはあらかじめ失われていた――もしくは失う運命にあった人間関係というもの。そのただなかにあって、『点る』の著者小林苑をは微笑んでいる。
(跋より:櫂未知子)

◆自選十句
代返のてふてふとなる真昼かな
ふらここの縛られてあり常夜灯
父の日のグラビアに横たはるべからず
ナイターの顔上げてゐる五万人
あれは夜汽車とひまはりの囁きぬ
遡るやうに夜店の点りけり
仰向けにされて赤子産む天の川
こんな日は潤目鰯を焼くがよい
温室に見知らぬものの育ちをり
牡丹の冬の全裸としてひらく




[こばやし・そのお(1949〜) 「里」「月天」「百句会」「塵風」同人]
跋・櫂未知子
題簽・北村宗介
栞・斉田仁/さいばら天気/佐山哲郎/島田牙城
装丁・間村俊一
174頁
2010.06.14刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス