書籍詳細

南うみを句集『凡海』(おおしあま) [9784781412924]

販売価格: 2,800円(税別)

(税込: 3,080円)

[在庫あり]

書籍詳細

◆第三句集

歯朶刈るやこほりの雫うち払ひ

「凡海」は私の住んでいる舞鶴の海、ひいては若狭の海の古名です。「凡」には風のようにすべてにゆきわたるの意味があります。
また私の名〈うみを〉とも重なり、広やかな心で俳句に向き合いたいと思い句集名としました。
(著者)

◆自選十五句より
鮎苗に雪の匂ひのかすかなる
干し若布にぎり砕きて飯のうへ
三鬼忌の草餅めうにねばりつく
呑まれゆく蛙や脚を真つ直ぐに
青蘆をゆさぶり来る投網打
蛍見のなまぬるき顔ひと撫です
祭来と鯖の頭を刎ねにけり
くちなはの水のごとくに岩すべる
地蔵会の抱き回さるる赤子かな
満月へぬた場の猪の泥しぶき

Amazonでの本の購入はこちらより→ Amazon

ご本の紹介→ (ふらんす堂「編集日記」)

*

[みなみうみを(1951〜)「風土」主宰]
栞:中田 剛
装丁:和兎
季語索引付
四六判ハードカバー装
198頁
2020/9/15刊行
ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット