書籍詳細

西上禎子句集『白魚』(しらうお) [9784781403069]

販売価格: 2,476円(税別)

(税込: 2,724円)

[【在庫切れ】]

書籍詳細

[在庫僅か]と表示される商品はお手数ですが、在庫をお問合せいただきご購入下さい。「在庫あり」と表示されていても品切れの場合がございます。


◆第一句集
添ひ遂ぐるやすらぎにあり団扇風
 改めて思うのは、禎子さんは俳句が巧いというよりも(もちろん巧いのだが)、俳句を完全なまでに、自己表現の場となし得ているということである。黙々と作り続けて来た姿勢とその精神力は、花鳥諷詠には忘れてはならない要諦なのである。
(序より:三村純也)

◆自選十二句
らしくなき女と生まれ大根漬く
寒昴少女にもある志
お日様に貰はれてゆくしやぼん玉
高僧のごとくに蓮枯れにけり
雪渓の天戴きて包を組む
ほほければ猫柳ではなくなりぬ
島唄は語るがごとく仏桑花
鷹柱ゆるぶと見れば渡りそむ
ジーンズを穿けば大股草若葉
手花火の庭に団欒移りけり
とりとめし命の浴ぶる落花かな
磧湯に名残の月を浴びにけり

*

[にしがみていこ(1933〜)「ホトトギス」「山茶花」同人]
序・三村純也
装丁・君嶋真理子
四六判上製カバー装
224頁
2010.10.30刊行
ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット