出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本磯貝碧蹄館句集『馬頭琴』(ばとうきん)
書籍詳細

磯貝碧蹄館句集『馬頭琴』(ばとうきん)[9784894025547]

販売価格: 3,000円 (税別)
[【在庫切れ】]
第5回雪梁舎俳句大賞特別賞受賞!


◆第九句集
対象とその向こうにあるものを、碧蹄館の眼は追う。常に異質の物を誘致し、幻の世界を展き、句は宇宙空間を飛翔する。独想独語独断、師である中村草田男の言う「第一発見者たれ!」の掟が雄雄しく貫かれている。
全四三八句。


◆自選一〇句
初夢や膝に三枚石を抱く
白魚の滑りゆく喉不問に付す
扼殺の聲を漏らさぬ海市かな
外套を脱ぐバルザック富士が立つ
甘酒の銀泥怖るのんどかな
擂り鉢状の刑場に胡麻煎らるべし
列柱・ハーブ・主の血の管を冬の月
初凧にまで驅けりては馬頭琴
三月になりて傘壽の傘を差す
渤海へ出づ骨片と罌粟の壺



[いそがいへきていかん]
著者略歴
本名・甚吉。大正13年3月19日東京生まれ。十九歳より感動主義の萩原蘿月・内田南草に師事。「璧」「海流」「黒姫」「感動律」の同人を経て、昭和29年中村草田男に入門。昭和35年「与へられたる現在に」で第六回角川俳句賞受賞。昭和41年第一句集『握手』刊行。昭和42年第六回俳人協会賞受賞。昭和43年第十五回万緑賞受賞。昭和49年「握手」創刊主宰。俳人協会評議員。日本文芸家協会会員。創玄書道展審査員。現代俳句協会会員

装丁:君嶋真理子
A5判上製カバー装函入り
246頁
2003.07.17刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス