出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本水月りの句集『人魚姫のトゥシューズ』(にんぎょひめのとぅしゅーず)
書籍詳細

水月りの句集『人魚姫のトゥシューズ』(にんぎょひめのとぅしゅーず)[9784894024527]

販売価格: 2,000円 (税別)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

第8回加美俳句大賞 スウェーデン賞受賞!

◆ 詩人である著者、第一句集
水月りのは私をはらはらさせる、これからのホープである。佐藤鬼房(序文より)

<人魚姫声の出そうなさくら雨>
<人魚かと問いつめられて花の闇>
 いずれも人魚の句だが、桜に人魚の取り合わせは珍しいと言うより奇妙な世界だ。この奇妙さが水月りのの不思議な世界と言ってよい。ここで季の言葉、文学史上での桜の本意は消え去っている。本意を飛び越えている。しかもそれを無意識に行っているのだ。言葉が彼女の内面から零れ落ちるかのように思えるのだ。言葉は生きているたった一つの「しるし」であるとの本人自身の口を借りれば、まさに俳句のかたちになったものは、作者の存在そのものである。渡辺誠一郎(跋文より)

     墓裏に春の魚を置いてくる
     うっすらと桃の香神様居留守中
     梅雨入りの郵便箱にトゥシューズ
     前世は雨 月見草 眠クナル
     薄氷と踏絵と赤いハイヒール
     オルゴール鳴りもう一度春の海



[みづきりの(1959〜)]
序:佐藤鬼房
跋:渡辺誠一郎
装丁:平塚陽美
四六判変形ソフトカバー
112頁
2002.03.06刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス