出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本永野照子句集『桃の世』
書籍詳細

永野照子句集『桃の世』[9784894026465]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
平成16年度 北海道新聞俳句賞受賞!


◆第二句集

うとうとと桃の世にをり赤ん坊

著者の生まれ育った北海道・野幌の原始林はいつも目の前にあった。遙かなるものを希求する著者の心の原風景として…。


◆自選十二句
朴の花以後は遺影の母なりし
小鳥来てしばし羽搏く雑木山
子を生みて耳のやさしき白兎
黙?のうしろに春の葱を引く
冬の月欅の千手千手かな
十二月ピアノの部屋に描がゐて
きさらぎをいちにち過ぎし銀の匙
清明や家のいちばん奥に寝て
神の前仏の前を補虫網
雛あられこぼれ一番星二番星
消壺にふくろふの目揃ひけり
鶴守も鶴も日向に来てをりぬ



[ながのてるこ(1942〜)]
装丁:君嶋真理子
四六判上製カバー装
186頁
2004.07.10刊行


○著者略歴
1942年北海道江別市生れ。1975年「道」俳句会入会。1981年「道」俳句作家賞受賞。1982年「道」同人。1990年「道」編集同人。1996年「道」退会。1997年「広軌」同人。1999年第32回北海道俳句協会賞受賞。2001年「広軌」終刊。第1回中北海道現代俳句賞受賞。現代俳句協会会員、北海道俳句協会常任委員。札幌市在住
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス