出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本清崎敏郎句集 『凡』(ぼん)
書籍詳細

清崎敏郎句集 『凡』(ぼん)[9784894021990]

販売価格: 2,667円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆第37回俳人協会賞本賞受賞
どうして今回、「凡」という句集名にしたのか聞かれるけれど、特別な理由があったからではない。近年、「凡」という語に心惹かれるものがあったから、ということになるだろう。あるいは、虚子先生の教えが無意識のうちにはたらいているのかもしれない。ともあれこの際、「凡」ということを私なりに追及してみたいと思う。
(著者あとがきより)


◆十句抄より
滝落ごしたり落ごしたり落ごしたり
祭着の襟新しく老いにけり
もてなしの網戸を入れて待ちくれし
藍こなし藍こなしては日もすがら
蜻蛉の石に止まれば羽を伏せ
鈴虫のこの音飼はるるものならず
秋風や今はのご瀬の只見川
催してきては添水の音を刎ね
音ごてもなく木の葉降る木の葉降る
?田の枯れゐて安房はなつかしや



[きよさきとしお(1922〜)「若葉」主宰]
装丁:伊藤鑛治
四六判上製箱装
208頁
1997.07.20刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス