出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本浦川聡子句集『水の宅急便』(みずのたっきゅうびん)
書籍詳細

浦川聡子句集『水の宅急便』(みずのたっきゅうびん)[9784894025108]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
『水の宅急便』を読み進むうちに、夜の祈りにも似た静謐な世界が浮かび上がってくる。その世界から滲み出てくるのは、優れた俳句の持つ、薄紙に包まれたようなそこはかとない寂しさだ。
<シースルー・エレベーターへ大花火>
視覚的に華やかであればあるほど、エレベーターのガラスで遮られる無音の花火は、孤独感を増す。孤独とは、詩人である聡子さんが言葉を紡ぐために必要な時間のことだ。そもそも、寂しささえ知らない者がどうして詩人になれるだろうか。
仙田洋子(栞より)

 かつて北欧のある詩人は「ひとがその実存の孤独な真相に徹すれば空気も芽を吹く」と言った。この句集の一句一句は、そうして芽を吹いた命の清冽な滴りとして、きらめく雫の結晶として、皆さんのもとに届けられる。
眞鍋呉夫(帯文より)

     トランペットの一音#(シャープ)して芽吹く
     菜の花の黄の極まりて人愛す
     夜の畳祭かんざし影持てり
     引力の届いてゐたり夏の月
     ひとの名を呼びたくなりぬ雪の果
     銀河濃し水の宅急便届く
     まん中のくぼみしバター秋澄めり 

帯文・眞鍋呉夫 栞・仙田洋子
装丁・君島真理子 四六判上製カバー装 150頁

○著者略歴
1958年12月12日生まれ。千葉大学教育学部卒業。1986年より石寒太主宰の「炎環」に在籍。’94年同人となる。1990年および1992年、現代俳句協会新人賞佳作入選。1993年、現代俳句協会新人賞受賞。1995年、第1句集『クロイツェル・ソナタ』刊行。現代俳句協会、日本文芸家協会、国際俳句交流協会会員
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス