出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム句集 > 単行本笹本千賀子句集『素足の時間』(すあしのじかん)
書籍詳細

笹本千賀子句集『素足の時間』(すあしのじかん)[9784894024748]

販売価格: 2,500円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆ 著者第一句集
<そら豆をむいて素足の時間なる>
「素足の時」をいまの俳句の要諦と考えていることがわかります。もちろん「すあし」は足だけのことでなく、おのれ全身が何の付け足しもなく、直接に、対象に、ものに、接してゆきたいとの願いをあらわしているのでしょう。それ以上に真実なことはないのだし、おのれがしっかりとかかわれる、決して観念的ではなく、具体的なとらえ方ができる。作品というものは決して観念的なものではなく、むしろ観念を具体化したものだからなのです。理屈をくり出すのはやめましょう。「素足の時」とは笹本さんの求める俳句の具体的な形、イマージュと言ってよいのではないでしょうか。
平井照敏(序文より)


     癒えてなほ癒えざるものや茂りくる
     かはせみに川の早口ことばかな
     昼顔のあくび赤子にうつりけり
     はじかみにはにかみのいろありにけり
     明日葉やいのちといふはまつ青な
     ははといふふるさと昼寝し給へり
     やはらかにわが死者もまた芽吹くなり

序文・平井照敏 装丁・君嶋真理子
四六判フランス装 209頁

●著者略歴
昭和24年3月2日東京生まれ。平成10年1月「槇」入会。平成12年1月「槇」同人。俳人協会会員
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス