出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム詩集 > 私家版星野守詩集『火は森を狂わせるのか…』
書籍詳細

星野守詩集『火は森を狂わせるのか…』

販売価格はお問い合わせください。
[【在庫切れ】]
◆収録作品より
水底の白い光にも似た冬の日に
女は魔性の瞳でぼくを誘い
村はずれの四つ辻で
正体のない高い声で
笑いながら消えていく

ぼくは突然我に返り
いいようのない苛立ちと
憎しみと悲しさで
凍った道を帰ることもせず
とうとう
青く凍てついた
天の涯ての雲雀になった
(「光へ(冬)」より)


[ほしのまもる(1954〜)]
A5判上製ビニール巻き
256頁
1999.03.03刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス