出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム詩集 > 単行本金井雄二詩集『動きはじめた小さな窓から』(うごきはじめたちいさなまどから)
書籍詳細

金井雄二詩集『動きはじめた小さな窓から』(うごきはじめたちいさなまどから)[9784894020610]

販売価格: 1,456円 (税別)
[【在庫切れ】]
第8回 福田正夫賞受賞

かつて寺山修司は「幸福とは何ですか」という自問自答の質問に答えて「それは幸福を探すことです」といっている。人間は、はてしない質問を生きていく。金井雄二もまた、そんな質問のまん中で詩を書きつづけているのだな、と思った。
(帯より)

いつも空を指さしていた
空には形のよい雲が浮かび
誰かがその雲は幸福の雲だと呼び
「触れるとシアワセになれる」という噂だった
(「青」より)


[かないゆうじ(1959〜)]
帯・栞:清水昶
装丁:渡辺俊慧
B5判変形並製
62頁
1993.06.20刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス