出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホームその他シリーズ > 女流俳句叢書山口都茂女句集『狐火』(きつねび)
書籍詳細

山口都茂女句集『狐火』(きつねび)[9784894021631]

販売価格: 2,524円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆ふらんす堂女流俳句叢書
今も昔も、山口都茂女さんは私にとって先輩である。いくら先生などと私に言って下さってもそれは聞こえない。私は生意気にも、高校生の頃から、生涯一女書生を生きてみようと決めてきた。あえて邪慳な生き方を貫かせて頂きたいと希ってもいる。都茂女さんはそんな私と違って、女の中の女、邪慳とは程遠い、濃すぎるほどの情の女である。一巻の作品が何よりそれを示している。しかし、
かねたたき老女になれず成り難し
などと詠んでもおられる一句のほとりに佇んで、私は生涯のこの大先輩に、あらためて深い友情と共感を覚えるのである。
(栞より)


◆収録作品より
汗拭いて女の右に座りけり
鰐口のなまくら鳴りに麦の秋
行々子潜めば寺の大きかり
常陸高野なかなか脱がぬ竹の皮
髪洗ふ妖精とゆびさされけり
処暑の水たつぷり墓の先生に
岩魚釣マッチのほかに山刀
羽抜鶏鳴かねばたるむ首の皮
二条の滝ほどよく離れ落ちにけり
いつ過ぎし狐の関所朴の花


[やまぐちともじょ(1932〜)「みちのく」同人 俳人協会会員]
栞:黒田杏子
装丁:スタジオ・ギブ 川島進
B6判並製フランス装函入り
182頁
1996.07.21刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス