出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホームその他シリーズ > 12人集関戸靖子句集『紺』
書籍詳細

関戸靖子句集『紺』[9784894024878]

販売価格: 2,600円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆ ふらんす堂俳句叢書現代俳句12人集 第十回配本

[立ち読みする]

<親鸞のはなし障子を貼りながら>
故郷のあの湖の景色や、住み馴れた宇治のこの山河の風景の色を、紺に籠めて何故か安心の私がいます。もし、齡に色があるとしたら紺でしょうか。
著者(あとがきより)


     霾や幼死の兄のかほかたち
     畦に火のあがる八十八夜かな
     ずいずいと出して新茶の壺拭けり
     比良山の水をくぐらす新牛蒡
     盆花のほほづきを子の欲しがりぬ
     ひとの恋たとへば蔓の通草引
     末枯れてむらさきしきぶしどけなし
     人麻呂の海を遠目に返り花
     初みくじ結ぶ小さき風起たせ

装丁・君嶋真理子 四六判上製カバー装 181頁

●著者略歴
1931年(昭和6年3月29日)滋賀長浜に生る。1948年坂本春甕に師事、下村槐太を知る。1953年「鶴」入会。第十六回風切賞受賞。1974年「泉」入会創刊同人。第一回飛石賞受賞。「声」主宰。俳人協会評議員
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス