出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム詩集 > 単行本小松宏佳詩集『どこにいても日が暮れる』(どこにいてもひがくれる)
書籍詳細

小松宏佳詩集『どこにいても日が暮れる』(どこにいてもひがくれる)[9784781410999]

販売価格: 1,800円 (税別)
[在庫あり]
数量:
◆第一詩集
無造作そうでいて勘所はしっかりと押さえて、自他の感情を大切にする。生きてきた時間を感じさせながら、それに縛られていない。まさに地に立ちながら空を飛んでいるという離れ技をやってのけている痛快な詩集だ。
(栞より・福間健二)

町並みと空気とコトバと髪の毛と、すべてのものが溶け合いながら外に広がっていく、カラダが常に呼吸している、それが小松宏佳にとっては重要なのだ。そこでは時間が空間化され、空間が時間化され、周囲の人間に親しい犬や猫や、花鳥風月が首飾りの糸となって、どちらが彼女であるか見分けがつかないほどに自由な時空が、出現している。
(栞より・笠井叡)

◆収録作品より
どこにいても日が暮れる。
お寺の鐘が鳴り、カラスは一緒に帰りましょう、と啼く。
日の暮れと鐘とカラスは、わたしの身に起きた母という箱を見送る。
ときに、高速道路の高架下に、ながい横断歩道があった。
(「おおきなへや」より)



Amazonでの本の購入はこちらより
Amazon



ご本の紹介
(ふらんす堂「編集日記」)



*

[こまつひろか]
栞:福間健二・笠井叡
装画:小松宏佳
挿画:著者
装丁:和兎
四六判ペーパーバックスタイル
92頁
2018/09/25刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス