出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム句集 > 単行本井上あい句集『柿の花』(かきのはな)
書籍詳細

井上あい句集『柿の花』(かきのはな)[9784781407623]

販売価格: 2,600円 (税別)
[【在庫切れ】]
◆第一句集
ゆりの木の花の燭台灯り初む
「花の燭台」は手柄だ。五月二十二日頃は、ゆりの木の花はまだ早い方で、咲き初めは緑黄色の花片も蕊を包んで、内側の赤いところが覗かれる。緑の葉の上の花は「ランプ」より「燭台」。加えて「灯り初む」は、はつらつと花のいのちの灯りと受け取れる。
(帯・風土独語より 神蔵器)

◆自選十句
去年今年涸るることなき井戸一つ
竹爆ぜて水の噴き出すどんどかな
立春の視線を上に向けてゆく
桜貝はるかなる磯恋うて鳴る
天上に続く吉野の花の雲
鐘を撞く梅雨の中なる寒山寺
白日傘文学館の坂登る
賜はりし命四万六千日
生涯を村より出でず柿の秋
木枯や吹き残さるる星一つ

*

[いのうえあい(1919〜)「風土」同人]
序句・帯:神蔵器
装丁:君嶋真理子
四六判フランス装
248ページ
2015/05/09刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス