出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■新装版ふらんす堂文庫■
1,500円(税抜)


高濱虚子句集
『遠山』



富安風生句集
『愛は一如』


ホーム百句シリーズ > 自句自解ベスト100シリーズ2シリーズ自句自解II ベスト100 『後藤比奈夫』(ごとうひなお)
書籍詳細

シリーズ自句自解II ベスト100 『後藤比奈夫』(ごとうひなお)[9784781406411]

販売価格: 1,500円 (税別)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

◆必読入門書
既刊句集より自選ベスト100句に解説をつけた入門書。
代表句が網羅され、それがどのように生まれたか知ることができる魅力的な一書。

巻末に「俳句 このむつかしいもの」という題で、ご自身の俳句作法が、味わい深い文章で記されています。いかに俳句というものと格闘して来たか、それを知ることもができるのも勉強になります。
入門書としては必須アイテムのシリーズです。

[ブログ「編集日記」2013年12月4日]

◆1 花おぼろとは人影のあるときよ
阪急宝塚駅から歌劇場まで、花の道があって雪洞が吊されていた。その道の尽きるあたりに数本の楓があり、楓にも雪洞が吊されていたので、まず「楓にも花のつづきの雪洞を」という句が出来た。夜桜を見る会であったが花冷のする夜で、人通りも少く桜がちぢかんで見えた。そんな所へ若い男女が現われた。花おぼろという言葉が頭を掠めたのであった。(『初心』昭和二十九年)



*

[ごとう・ひなお(1917〜)「諷詠」名誉主宰]
装丁:和兎
四六判変形並製カバー装
218頁
2013.12.12刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス