出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム精鋭俳句叢書 > lune(月シリーズ)金原知典句集『白色』(はくしょく)
書籍詳細

金原知典句集『白色』(はくしょく)[9784781401591]

販売価格: 2,400円 (税別)
[【在庫切れ】]
第33回 俳人協会新人賞受賞

[立ち読みする]

◆精鋭俳句叢書
花の向き迷ひなかりし梅白し
彼の内なる美学は物の存在を絶対視して凝視することから沸き出てくるものだ。写生を徹底して押し進めるとき生れてくる。
(序より・斎藤夏風)

冬晴にただすこし湧く泪かな
金原さんの手にかかると、涙の背景にあるものは一切消え、涙はただ涙というものとしてそこにある。
(栞より・岸本尚毅)

◆自選15句より
白椿いつか日向に落ちてゐし
銀閣へゆかずに曲り春惜む
垂れゆくを止むるちから花菖蒲
羽のあと胴が横切り鬼やんま
雪片を見入ればおそく雪早し
根方まで一本の鶏頭であり
鎌倉に線路はなじみ花芒
羽たたみいま空にあり石たたき
割るるとき追ひつく重み寒卵
花の向き迷ひなかりし梅白し



[きんばら・とものり(1962〜)「屋根」同人]
序・斎藤夏風/栞・岸本尚毅
装丁・君嶋真理子
四六判並製カバー装小口折グラシン巻き
192頁
2009.06.11刊行
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス