出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


■最新ふらんす堂文庫■
1,200円(税抜)


細見綾子句集『手織』



高濱虚子句集『遠山』


ホーム詩集 > 単行本境野勝詩集『告知』(こくち)
書籍詳細

境野勝詩集『告知』(こくち)[9784781400747]

販売価格: 1,905円 (税別)
[【在庫切れ】]
[立ち読みする]

帯・新井豊美

境野氏には、かつて亡き夫人に捧げられた哀悼の句集『一羽』があるが、今回の詩集『告知』では、亡き人への氏のひたむきなおもいがうすらぐことなく、より透明に深められているのが感じられる。「私たちの日々は/気が遠くなるほど長く/辛い時間だと思っていたが/過ぎ去ってみれば/たいていは/一瞬のことだった」…愛する人とともに在った一瞬がこれほどに哀切に、しかも明晰な深度を持って語られた言葉を私は知らない。新井豊美(帯より)

======
ありがとう

十二階の病棟の窓は
まわりの高層ビルと
夏の空しか見えない
草も木も花も何もない

六人部屋の患者たちは
半分がうつらうつら眠っている
あとはぼんやり
備え付けの小型テレビを見ている

湯沸かし室からポットでお茶を運び
ハンドルで操作してベッドを起こす
そのたびにベッドのひとは
苦しい呼吸を抑えながら
「ありがとう」と言った

「ありがとうなんていちいち言うなよ」と言うと
本当に悲しげに途方に暮れた声で
「ありがとうのほかにどんなことばがあるの」と言った

そう
「ありがとう」のことばしか
此処にはないかもしれない
草も木も花もないのだから
ほかのことばは何もない
でもいまぼくが
「ありがとう」を受け入れるわけにはいかない

「検温です」
と看護婦が部屋にはいってきた

======
【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております
カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。
払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
予約の商品などを購入される場合、在庫のあるものと一緒に購入されますと、送料一律の関係から、発送は予約商品発売後になります。
関連書籍
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス