出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。
ホーム 詩集
書籍一覧
詩集
書籍並び替え:

登録書籍数: 181件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 10 次のページ»
宮せつ湖詩集『雨が降りそう』(あめがふりそう)

宮せつ湖詩集『雨が降りそう』(あめがふりそう)
[9784781412085]

2,400円 [在庫あり]
◆第一詩集 詩人にとって詩は日本語そのものに隠されている。 作者は、やすらかで、やさしく、繊細極まりない日本語の使い手の名手と思う。 雨 が 降 り そ う 、 雨 が 降 り そ う…
鷹森由香詩集『傍らのひと』(かたわらのひと)

鷹森由香詩集『傍らのひと』(かたわらのひと)
[9784781412184]

2,500円 [在庫あり]
◆第一詩集 この詩集には、人生にとって、もっとも大切な、家族の最盛期の時間が、高らかにうたわれていて、健やかないのちの音楽が聞こえてくる。 人生の賛歌。 人は、この音楽と記憶とを道連…
井下和夫詩集『河は流れる』(かわはながれる)

井下和夫詩集『河は流れる』(かわはながれる)
[9784781412122]

1,500円 [在庫あり]
◆最新詩集 水は生きている 止む無く新しい河口を探して はるかに西の地点で海に出た (「河原の石はみな丸い」より) ◆目次 I 河原の石はみな丸い 赤ちゃん 村の生き物たち 深…
桂川幾郎詩集『偶然という名の現在なの』(たまたまというなのいまなの)

桂川幾郎詩集『偶然という名の現在なの』(たまたまというなのいまなの)
[9784781411767]

2,500円 [在庫あり]
◆「偶然」より たまたまいまここにいるだけで いなかったかもしれないわたし たまたまいまここにいるだけで やがていなくなるにちがいないわたし だから わたしは あなたにわたしたい わた…
♥♤♦♧詩集『空の間』(そらのあわい)

♥♤♦♧詩集『空の間』(そらのあわい)
[9784781411644]

3,000円 [在庫あり]
◆作品紹介 午睡がおわった。 浜へ出る。 日の傾きはおそい。 虹をとかした白線がうちおろす。 白砂が靴底へからみ、こぼれる。 かまってほしい子どもらを蹴飛ばしてゆくように、 無下にあしら…
岩崎昇一詩集『迂闊の人』(うかつのひと)

岩崎昇一詩集『迂闊の人』(うかつのひと)
[9784781411330]

2,500円 [【在庫切れ】]
◆新詩集 風船乗りよ このまま気球に揺られて そろそろ見収めと柵をこえる処まで ゆらりふらりと空気の上澄みを漂って行こう そこで隠していた悪戯がばれたら そこで不治の感染症に蝕まれていたら …
Salmi Salco.詩集『夢の、感触』(ゆめの、かんしょく)

Salmi Salco.詩集『夢の、感触』(ゆめの、かんしょく)
[9784781411170]

2,500円 [在庫あり]
◆新詩集 西の彼方、 太陽が昨日に還る頃、 南天高く、夜は爪を伸ばす。 月の雫は、星座を作り その秩序に守られ、 私は、呼吸する。 一瞬、失うチャンスは、 流れ行き交う、星々。…
安藤まさみ詩集『燦々と』(さんさんと)

安藤まさみ詩集『燦々と』(さんさんと)
[9784781411194]

2,500円 [在庫わずか]
◆新詩集 「誰でもみんな、語るべき物語をもっているのです」とルイーズ・ブルジョワは言う。 私はそれを語ることができただろうか。 (「終わりに」より) ◆「つゆくさ」より 山の斜面いっぱい…
かべるみ詩集『ながれぼし』

かべるみ詩集『ながれぼし』
[9784781411200]

2,667円 [在庫わずか]
◆第五詩集 詩とはなんだろう。 あるときどきに、心にとまったことを書きつづけてきました。 著者 ◆収録作品 星がきもちよさそうにまたたいている夜 ちょっと角の本屋さんまで といったふ…
森雄治詩集『蒼い陰画』(あおいねが)

森雄治詩集『蒼い陰画』(あおいねが)
[9784781411149]

2,500円 [在庫あり]
◆夭折の詩人 夜を生きられる者として、夢みるべき時を旅しつづけ、 その背を私が見ていたのは、あなただったろうか。 (栞より・十田撓子「蒼の眼を持つ男のこと」) ◆収録作品より ガラス玉の…
田窪与思子詩集『移動遊園地』(いどうゆうえんち)

田窪与思子詩集『移動遊園地』(いどうゆうえんち)
[9784781410906]

1,500円 [在庫わずか]
◆第四詩集 彼女はいまどの惑星にやってきたのだろうか。黄色いチョウの「伝言」はいま「あたし」になにを伝えようとするのだろうか。 (栞より・吉田文憲) 『移動遊園地』制作には、要するに「記憶」…
山本純子詩集『きつねうどんをたべるとき』

山本純子詩集『きつねうどんをたべるとき』
[9784781411095]

1,500円 [在庫わずか]
◆新詩集 いいことがあったときにほうり投げるために帽子はある。そうなのか。そうだったのか。それならばこの詩集を読み終えたらまず何よりも、私は帽子を空高くへほうり投げよう。 (栞より・松下育男) …
小松宏佳詩集『どこにいても日が暮れる』(どこにいてもひがくれる)

小松宏佳詩集『どこにいても日が暮れる』(どこにいてもひがくれる)
[9784781410999]

1,800円 [【在庫切れ】]
◆第一詩集 無造作そうでいて勘所はしっかりと押さえて、自他の感情を大切にする。生きてきた時間を感じさせながら、それに縛られていない。まさに地に立ちながら空を飛んでいるという離れ技をやってのけている痛…
中野正裕/写真 広瀬弓/詩『虫数奇』(むしすうき)

中野正裕/写真 広瀬弓/詩『虫数奇』(むしすうき)
[9784781410258]

2,400円 [在庫わずか]
◆写真+詩集 虫好きの男の子がそのまま大人になったような、中野正裕の愛読書は『ファーブル昆虫記』です。栗林慧氏の昆虫写真に憧れ、海野和男氏に(自己流で)学び、中学校で理科の教師をいそしむ傍ら、フ…
丸田麻保子詩集『あかるい時間に』(あかるいじかんに)

丸田麻保子詩集『あかるい時間に』(あかるいじかんに)
[9784781409931]

1,800円 [【在庫切れ】]
◆第一詩集 こんなふうに、ひとりの詩人が、そして一冊の詩集が、ひとつの大事なことのために存在するという例は、最近では稀である。秀逸なアイディアで良質のユーモアをたたえて書かれている「餃子物語」や「一…
なかむらてつや詩集『六角形あるいは八角のポストに入っていた枯れ葉について』(ろっかっけいあるいははちかくのぽすとにはいっていたかれはについて)

なかむらてつや詩集『六角形あるいは八角のポストに入っていた枯れ葉について』(ろっかっけいあるいははちかくのぽすとにはいっていたかれはについて)
[9784781409788]

2,500円 [【在庫切れ】]
◆第二詩画集 おおげさな亜麻色の雨に 目をつむると六角形のポストに ぶつかって はりついていた封筒が とびでてくる 三年前に投函した 差出人は犬と枯れ葉を踏んで 枝道にまよいこみこの…
小笠原眞詩集『父の配慮』(ちちのはいりょ)

小笠原眞詩集『父の配慮』(ちちのはいりょ)
[9784781409627]

2,000円 [【在庫切れ】]
◆第六詩集 誰にも迷惑をかけないよき日が決まると 父はとても安らかに静かになった 父は恐らく安心したのだ そんな気遣いをさせた父に そんな配慮までさせた父に 少し申し訳ない気持ちになっ…
田窪与思子詩集『水中花』(すいちゅうか)

田窪与思子詩集『水中花』(すいちゅうか)
[9784781408804]

2,000円 [【在庫切れ】]
◆第三詩集 この詩集では、日常の、何気ない生活場面の一コマ一コマが、どこか天上からの遠い聖なる光によって照らし出された、だからこそ愛おしい、また無性にかけがえのない、ときに聖画・宗教画のような一コマ…
西村勝詩集『シチリアの少女』(しちりあのしょうじょ)

西村勝詩集『シチリアの少女』(しちりあのしょうじょ)
[9784781409351]

2,500円 [【在庫切れ】]
◆第一詩集 海の旅は詩人を生んだ。 海洋の大きな揺籃に育まれてポツポツと詩の言葉が泡のように生まれた。 その泡はふたたび詩人の魂を通って醸成され詩想となる。 自己と向き合う、 みずみずし…
そらしといろ詩集『暁を踏み割ってゆく』(あかつきをふみわってゆく)

そらしといろ詩集『暁を踏み割ってゆく』(あかつきをふみわってゆく)
[9784781409221]

2,000円 [【在庫切れ】]
◆最新詩集 ボーイズラブとは「私たち」の言葉によって紡がれる饗宴。 萌えから生まれる詩、詩から立ち上がる萌えの世界。 彼らは/私たちは、終焉を目指す―― それは、末広がる祭り。 ◆収…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 10 次のページ»

【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております。カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス