出版社ふらんす堂の句集・歌集・詩集などを扱うオンラインショップです。


ホーム 句集
書籍一覧
句集
書籍並び替え:

登録書籍数: 1,618件
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 81 次のページ»
有住洋子句集『景色』(けしき)

有住洋子句集『景色』(けしき)
[9784781410715]

2,600円 [在庫あり]
◆第二句集 景色は、私にいろいろなものを見せてくれた。 その時その場に見たものは、悠久の流れの中の、移りゆく景色であれば、同じものは二度となく、またすべてが目で見たものとは限らなかった。 (あと…
高橋悦子句集『青き踏む』(あおきふむ)

高橋悦子句集『青き踏む』(あおきふむ)
[9784781410760]

2,700円 [在庫あり]
◆第一句集 門辺までひとを送りて夜の秋 晩夏にあって夜は秋めく気配という「夜の秋」の季語が動かない。二人の関係もドラマのように連想させる。 日本語を正しく用い、一読して意味がわかる、姿の美しい句…
岡部隆志句集『犬が見ている』(いぬがみている)

岡部隆志句集『犬が見ている』(いぬがみている)
[9784781410968]

2,500円 [在庫あり]
◆第一句集 俳句という表現形態は、沈んだ気分を、うまく和らげながら詩的なことばにすくいあげてくれる。それは、俳句が人の織りなす事柄をアニミズム的自然の表象のなかへと包み込んでくれるからだろう。とくに…
日下野由季句集『馥郁』(ふくいく)

日下野由季句集『馥郁』(ふくいく)
[9784781410616]

2,500円 [在庫あり]
◆第二句集 実りある三十代の句集『馥郁』のどのページをめくっても、透明な句に出会うことができる。 (栞より・大木あまり) ◆自選十二句より 揺れやむは泣きやむに似て藤の花 あらたなる風て…
川名将義句集『回帰』(かいき)

川名将義句集『回帰』(かいき)
[9784781411187]

2,600円 [在庫あり]
◆第三句集 潮干狩貝になりたき人もをり 『銀化』には何人かの“地雷”と称される俳句巧者がいる。 この川名氏もその一人。 その句の変幻自在は永年「連句」をやって来た、言葉に対する感受性と柔軟…
北野惠美子句集『瓢の笛』(ひょんのふえ)

北野惠美子句集『瓢の笛』(ひょんのふえ)
[9784781410586]

2,700円 [在庫あり]
◆第一句集 秋高し泣き虫が立つ表彰台 泣き虫だった子がスポーツ大会で表賞されるまでになったことを、天も称えているようだ。 句集名に「瓢の笛」という俳諧味たっぷりの季語を選ぶだけあって、その感…
角川春樹句集『源義の日』(げんぎのひ)

角川春樹句集『源義の日』(げんぎのひ)
[9784781411101]

2,800円 [在庫あり]
◆角川春樹最新句集 遠雷やあるべき場所が此処にある 私が生きていく場所は、いま私が居る此処しかないという確信だった。 (著者) 父、源義を偲びつつ、新たなる自己への挑戦の一集。 …
牛田修嗣句集『白帆』(しらほ)

牛田修嗣句集『白帆』(しらほ)
[9784781410951]

2,700円 [在庫あり]
◆第一句集 ペガサスの駈けて夜もまた天高し 「天高し」は昼のことだが、天馬座を登場させて秋の夜空の高さを描き切った。 若くして俳句とめぐりあい、内容も表現も現代性にあふれていること、人柄の誠…
川島葵句集『ささら水』(ささらみず)

川島葵句集『ささら水』(ささらみず)
[9784781410975]

2,400円 [在庫あり]
◆第二句集 季語がいつも頬をかすめている。 ◆自選十五句より なやらひのことりと戻る男あり またたきて光太郎忌の羽風かな ハンカチを返さなくてもいいと言ふ 二の腕はいつも冷たしはたた神…
内山花葉句集『沸点』(ふってん)

内山花葉句集『沸点』(ふってん)
[9784781411217]

2,700円 [在庫あり]
◆第一句集 麦の芽の風に逆らふ力あり 秋に蒔かれた麦が一月になると春草のように畑にあざやかに青い芽を出し、折からの寒風に萎えることなく自然に向かう力に着目した。確かな写実の眼と独自の感性をたた…
三森鉄治句集『山稜』(さんりょう)

三森鉄治句集『山稜』(さんりょう)
[9784781410937]

2,800円 [在庫あり]
◆第六句集+季語別全句集 またの世も師を追ふ秋の螢かな 甲斐の山々への讃仰、師への敬愛に充ちて。 2015年の秋に56歳にて急逝した三森鉄治の第六句集。 遺句集『山稜』のほか、季語別全…
山田牧句集『星屑珈琲店』(ほしくずこーひーてん)

山田牧句集『星屑珈琲店』(ほしくずこーひーてん)
[9784781410852]

2,500円 [在庫あり]
◆第一句集 オクラ切るこちら流星製作所 今までにこれほど斬新な感性の句があったろうか。しかも俳味もあって、広い宇宙への夢まで伴う句である。 (序に代えて・鍵和田秞子) ◆自選十句 夜…
飯田晴句集『ゆめの変り目』(ゆめのかわりめ)

飯田晴句集『ゆめの変り目』(ゆめのかわりめ)
[9784781411088]

2,700円 [在庫あり]
◆第三句集 死者への眼差しと、生者としての日々。 生者死者、水も石も人のほとりに棲む生きものも、思わぬ近さに感じながらの一集になったように思います。 (あとがきより) ◆自選十句 噴…
志摩角美句集『芝桜』(しばざくら)

志摩角美句集『芝桜』(しばざくら)
[9784781410746]

2,700円 [在庫あり]
◆第一句集 初電車二つ乗継ぎ浅草へ 季題が活き活きとした、ゆるぎない客観写生の句である。それだけに一読して情景が鮮明に読み手に伝わり、その中に、作者の心が読みとれ、愛誦すべき、平明にして余韻あ…
中村ひろ子句集『ドロップ缶』(どろっぷかん)

中村ひろ子句集『ドロップ缶』(どろっぷかん)
[9784781410821]

2,500円 [在庫あり]
◆第一句集 小さき手でドロップ缶振る火の用心 中村さんの句は力強く、若々しい感性で自由な雰囲気を持っている。今後も大胆に一筋の道を進んで欲しい。 (序・鍵和田秞子) ◆自選十句 赤丸…
高橋香帆句集『小春日』(こはるび)

高橋香帆句集『小春日』(こはるび)
[9784781410876]

2,600円 [在庫あり]
◆第一句集 潮騒を仄かに聞きて西瓜畑 俳句の基本は「見ること」だと一般に考えられているようだが、耳を澄まして聞く、ということも同じくらい大切である。 (序に代えて・岸本尚毅) ◆自選十…
島野紀子句集『青龍』(せいりゅう)

島野紀子句集『青龍』(せいりゅう)
[9784781410890]

2,100円 [在庫あり]
◆第一句集 運動会カメラ向ければ背を向けて なかなか意のままならない子供も、あるいは作者自身の一面でもあろうか。青龍の名に恥じぬ、自在の翼を広げて行って欲しい。 (帯より・行方克巳) …
滝口滋子句集『ピアノの蓋』(ぴあののふた)

滝口滋子句集『ピアノの蓋』(ぴあののふた)
[9784781410722]

2,500円 [在庫あり]
◆第一句集 夏怒濤ピアノの蓋のあいてをり 句集『ピアノの蓋』は、着実に研鑚を重ねてきた滋子さんの満を持しての第一句集である。二十五年前のあのうぶな瞳の輝きは今も健在であるが、一瞬を掬い取る眼力…
対中いずみ句集『水瓶』(みずがめ)

対中いずみ句集『水瓶』(みずがめ)
[9784781410685]

2,700円 [【在庫切れ】]
◆第三句集 魚そよぐやうに竹の葉降りきたり 2012年から2018年までの作品を収録。 清らかな水韻に充ちて―。 ◆自選十二句より 何かよきものを銜へて雀の子 魚そよぐやうに竹の葉…
高橋悦男句集『月の兎』(つきのうさぎ)

高橋悦男句集『月の兎』(つきのうさぎ)
[9784781410838]

2,800円 [在庫あり]
◆第七句集 次の生は月の兎にならめやも 子供の頃、月には兎がいて満月の夜になると餅をついている、と教えられた。満月を見るとたしかに黒い影があり、餅をついているように見えた。その月に住みたいとい…
  説明付き一覧    写真のみ一覧
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | ... 81 次のページ»

【注】ふらんす堂友の会の方以外の注文は 先払い となっております。カード決済・ネットバンキング決済以外のお客様は、注文確定メールに払込先が記載してありますので、そちらからお振込みください。払込が確認でき次第順次発送いたします。書籍代と送料の他に別途振込手数料がかかります。
  Powered by おちゃのこネット
ホームページ作成とショッピングカート付きネットショップ開業サービス