書籍詳細

野崎海芋句集『浮上』(ふじょう) [9784781410036]

販売価格: 2,500円 (税別)

[【在庫切れ】]

書籍詳細

◆第一句集
海芋俳句の特徴とは何か。まず、生命そのものと向き合い、捉えようとしている句があることだ。

シロナガスクヂラの浮上轟ける

この句において、鯨と作者とが一体になっているのを感じる。鯨が海芋なのである。鯨を詠むことで、生きているということの手応えを、生きているということの歓びを、たしかに書きとめていると思うのだ。
(序より・小澤實)

◆自選十句
パンチングボール叩けば戻る夏が来た
シロナガスクヂラの浮上轟ける
蛍羽化蛹をひかりはなれける
尾根に佇つわれに夏雲ちぎれ来ぬ
潜望鏡上げよさくらの夜なれば
脱ぎ捨ての水着表も裏も砂
方位磁針ぺかぺか揺れぬ枯野指し
宇宙ごみ宇宙をただよへる寒さ
ヘッドロックかけられ君の汗にほふ
コスモスの叢SLの終点は



Amazonでの本の購入はこちらより→ Amazon



*

[のざきかいう(1968〜)「澤」同人]
序:小澤實
装幀・本文レイアウト:山口信博
四六判ソフトカバー装(クータ・バインディング)
198頁
2017/9/29刊行
ホーム | ショッピングカート 特定商取引法表示 | ご利用案内
Powered by おちゃのこネット